ベジタリアン、百利有って一害無し!

は過去何回かここでも書きました。10数年前、非常に荒れた生活を送っていて、リアルに生きるのをやめかけたときもあった時に助けてくれたのが(もうアッチに行っちゃいましたが)

ベス寝顔彼女でした。ずっとそばにいてくれていていつも精神は安定していてワタシなんかよりずっと・・・

アカンちょっとやばいのでここはこのヘンでw

でも普通に肉食はしていました。

ところが数年前、宮崎県だったけ、口蹄疫だといって何万頭の牛たちを「処分」?のニュースを目にして「一体そんに大量に処分、てどうやってするのか?」とネットで調べだしてそのうち「そういえば普段口にしてる肉って・・・・」

もちろん知ってはいるけれど、実際映像で見るともうダメでした。

自分の中で整合性が取れなくなり、気付けば肉食できなくなってました。

とはいえまだほんの数年だし厳格なヴィーガンでもなく、外食や呑み会の時の天ぷらのコロモに入ってる卵や和食のかつおの出汁なんかには少し弛めたりもしています。

しかしながらいたって健康(たまに風邪ひきますがw)だし、何ら生活に支障ないし、あんまり(ワタシの場合は)お金かからないし

何より精神が開放される!

生きていれば色々あるけどベジタリアンでいられるその1点で自分で自分を少し誇りに思える。

特にこの2つがワタシにはとても大きな支えとなっております。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください