探してた物を見つけた!

 

ようやく体調も元に戻りつつ気がつけばもう4月半分終わってますがな tulip

今朝の通勤途中の石屋川沿い

wp-1460604785168.jpeg桜ほぼ終わり。少しだけ枝に残る桜の花びらがなんとも惜春感があって、これはこれでエエ風情でございます。

————————————————————————————————

もう40年以上前、アタシの麗しき幼少の頃、当時住んでいた大阪府柏原市に東映系列の映画館がありまして、映画好きの父親によく映画を見に連れて行ってもらいました。

もちろんどんな映画に行ったのかなんてほぼ記憶にない中で、テーマ音楽のサビのメロディと映像の海の青さがやけに印象に残っていた映画がありました。が、当然タイトル不明、国や作られた年代もわからず、映画の内容はうっすらと「女スパイ物」とだけ記憶の片隅にあっただけ。

一度気になるとその映画のことが気になってモゾモゾするので調べることにしました。

まずは「映画・女スパイ」でネット検索。するとホントに今のネット社会のありがたさ、素晴らしいサイトにめぐり逢いました。

CinemaScape-映画批評空間-

この中にスパイ映画大全というスパイ映画を年代順に紹介されている画期的なページにそれらしきタイトルが・・・・

「唇からナイフ」・・・・・1966年とあるので年代的にはピッタリ、かつ概して評価の低いコメントの中に「テーマ曲のインパクトも…」とか「風景は美しかった」と朧げなワタシの記憶の中のキーワードが2つとも有る!

間違いないぜ! と 色々調べるにオリジナルタイトルは「Modesty Blaise」。主人公の女スパイ(というか女ドロボー?)の名前。

元々イギリスの新聞に連載されてたマンガが原作らしい。次に探したのがそのテーマソング。「Modesty Blaise」で検索すると

YouTubeエライ!そしてアップしてくれた人ありがとう!

まさにこの曲でございます。60’s感プンプンのこのコード進行がタマラン musical_note

こうなれば映画そのものも当然見たいわけでこちらもYouTubeにアップされてますが(大丈夫なのか?)本国仕様なので字幕無し(T_T)

語学堪能なワタシですがさすがに映画をネイティブ並に理解するのはハードルが高い satisfied

そこでamazonにて中古DVDをゲッツ! 中古でもキレイだし、オマケのポストカードもちゃんと付いてました。

dvd.jpeg

やっと長年つっかえていたものが1つ解決しました。たぶんネットが無かった昔には探しきれなかっただろうことを思うと、色々ありますがやはり今は良い時代になったと思う今日このごろです。

さて、ようやく手に入れた念願のDVDですが1/3ほど見てただいま中断中。

いっぺんに見てしまうと勿体無い! からではなく、評判通り限りなくB級ゆえ、あんまり面白くない、かも(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください